大口町の老人ホーム・介護施設紹介センターなら介護の窓口ケアまど

LIST

6件の物件が見つかりました。

並び順:
  • 要支援
  • 要介護

住宅型有料老人ホーム

太郎と花子

〒480-0127 愛知県丹羽郡大口町新宮1-10

住宅型有料老人ホーム太郎と花子の施設画像
住宅型有料老人ホーム太郎と花子の施設画像
費用
入居一時金:250,000円~ 月額利用料:159,500円~
定員 開設年月日
300名 2008/4/12

東名高速道路・名古屋高速「小牧インター」より車で5分/名鉄犬山線「柏森駅」・名鉄小牧線「楽田駅」より車で5分

お気に入り登録
この物件の詳細情報を見る
  • 要介護

介護保険施設

老人保健施設さくら荘

〒480-0127 愛知県丹羽郡大口町新宮一丁目96番地

介護保険施設老人保健施設さくら荘の施設画像
介護保険施設老人保健施設さくら荘の施設画像
費用
入居一時金: 月額利用料:
定員 開設年月日
118名 1996/5/7

名鉄犬山線「柏森駅」または名鉄小牧線「楽田駅」より車で10分/東名高速・名古屋高速「小牧IC」より車で10分

お気に入り登録
この物件の詳細情報を見る
  • 要介護

その他の介護施設

みつばのシルバーハウス おおぐち

〒480-0100 愛知県丹羽郡大口町下小口1-30

その他の介護施設みつばのシルバーハウス おおぐちの施設画像
その他の介護施設みつばのシルバーハウス おおぐちの施設画像
費用
入居一時金: 月額利用料:95,500円~
定員 開設年月日
22名 2015年6月1日

名鉄犬山線「柏森」駅より車で5分

お気に入り登録
この物件の詳細情報を見る

グループホーム

大口ケアセンターあかり

〒480-0144 愛知県丹羽郡大口町下小口二丁目111番地1

グループホーム大口ケアセンターあかりの施設画像
費用
入居一時金: 月額利用料:
定員 開設年月日
9名 2012/4/1

名鉄柏森駅より徒歩17分

お気に入り登録
この物件の詳細情報を見る

グループホーム

じゃがいもグループホームしん・かむおん

〒480-0139 愛知県丹羽郡大口町奈良子2丁目112

グループホームじゃがいもグループホームしん・かむおんの施設画像
費用
入居一時金: 月額利用料:
定員 開設年月日
9名 2004/11/30

名鉄犬山線 布袋駅 徒歩15分

お気に入り登録
この物件の詳細情報を見る

住宅型有料老人ホーム

Kライン・ケアレジデンス大口

〒 愛知県丹羽群大口町高橋2-185

住宅型有料老人ホームKライン・ケアレジデンス大口の施設画像
住宅型有料老人ホームKライン・ケアレジデンス大口の施設画像
費用
入居一時金:100,000円~ 月額利用料:157,900円~
定員 開設年月日
48名 2016/8/1

コミュニティバス「大口町」停留所よりすぐ

お気に入り登録
この物件の詳細情報を見る

大口町の概況

 大口町は愛知県の北西部、犬山扇状地上に位置します。町の中央部を桜の名所として有名な五条川が南北に貫き、周辺には肥沃な田園地帯が広がっています。気候は年間を通じて比較的温暖です。
 第二次大戦前までは県下一の桑畑を有し、養蚕が盛んでしたが、名古屋市近郊にあるなど地理的な利便性を生かし、戦後は工場の誘致を積極的に進め、やがて工業が町の基幹産業になりました。現在も多くの企業が集積し、特に金属工業や工作機械分野では、その先進地として全国に名を馳せています。そのため、昼夜間人口比率は140(昼間は夜間の1.4倍)以上で、就学・就労のために近隣の都市から通う人が多いことが特徴です。
 道路では国道41・155線が幹線道路になっています。町内に鉄道駅はありませんが、名古屋鉄道の犬山線が町のすぐ西側を走り、コミュニティバスが4ルートに分かれて運行されています。

6163bf2821ea8.png

大口町の魅力:史跡

〔小口城址〕
 小口城は、長禄3年、織田遠江守広近によって築城されたと言われており、別名「箭筈城」とも呼ばれ、織田氏の尾張経営の中心的役割を担ってきました。その後、永禄年間に信長の軍勢に攻略され廃城となったようですが、天正12年、小牧・長久手の戦では、一時的に秀吉方の前戦基地として再興されたこともありました。
 小口城址公園は、「大口町リバーサイド公園構想」の北の拠点として整備されました。
 小口城址の敷地からは、戦国時代の砦の跡とみられる礎石や内堀等が検出されました。この貴重な文化的遺産を未来に伝えていくため、公園という形で整備をおこなったものです。

〔堀尾跡公園~裁断橋物語〕
 「裁断橋物語」をテーマに、子を想う母の心を後世に伝える歴史公園です。
 天正18年2月、堀尾金助は、父が病気のため、叔父に伴われ小田原征伐に18歳の若さで加わりました。母は金助の無事の祈願をかねて、当時、熱田神宮付近にあった東海道の裁断橋まで見送りましたが、同年6月、金助は戦病死。天涯孤独となった母は、子の供養にと私財を投げてうって、亡くなった直後と33回忌の2度、裁断橋を改修しました。擬宝珠に刻まれた金助の母の銘文は、日本女性三名文に一つにあげられています。



2.png

大口町の魅力:憩いの場

〔充実したスポーツ施設〕
 フィールドアスレチックや炊事設備もある「白山ふれあいの森」、グラウンドゴルフができる「多目的広場」をはじめ、温水プール、テニスコート、屋内運動場、「わかしゃち国体記念運動公園」、野球グラウンドなど、スポーツ設備が多く、さまざまなイベントも行なわれ、住民の健康維持や多世代の絆づくりに場になっています。

〔ほほえみプラザ〕
 平成8年度からの10か年を踏まえた第5次大口町総合計画におけるコンセプト『豊かな田園環境の中で、健康と文化を創造するまち・ハーティタウンおおぐち』の実現と、健康づくりの中核拠点、健康と福祉の交流拠点、歴史と文化のふれあい拠点として保健センターを中心として機能する施設です。
本格的なトレーニングルームやフィットネスルームが完備しており、3階は「大口町歴史民俗資料館」になっています。

3.png

大口町の高齢者施策

 大口町社会福祉協議会との協力で、さまざまな高齢者福祉事業が行なわれています。

〔おせち料理配布事業〕
 平成19年度から実施する事業。赤い羽根共同募金を活用して、ひとり暮らしのお年寄りの方等に、おせち料理を届けます。
 町内では過去、「配食サービスが年末年始に休業して困っているお年寄りがいる」という声があり、社協が民生委員・児童委員の協力を得て、お年寄りの訪問見守り活動を兼ねて、日持ちのするおせち料理の配布を始めました。 
 おせち料理には、大口町水彩画クラブの皆様が心を込めて描いた絵手紙が添えられ、受け取ったお年寄りからは、お礼状が寄せられるなど、喜びの声が上がっています。

〔「介護豆知識」の発行、配布〕
 大口社協が担当する広報「社協だより」の高齢者向け情報コーナー「介護豆知識」。このコーナーを冊子にまとめたものを高齢者福祉協力員の協力により、高齢者を介護する対象世帯へ配布しています。

4.png

高齢化状況・介護資源

[高齢者(65歳以上)比率]
 大口町:23.10%  (愛知県:23.80% 全国:26.60%)

[入所系高齢者施設 施設数/定員数]
 ❖介護保険施設  施設数:4   定員:216     
 ❖特定施設    施設数:0   定員:0    

[入所系高齢者施設 75歳以上1千人あたりの施設数/定員数]
 ❖介護保険施設  施設数:1.66(全国平均:2.17) 定員数:89.59(全国平均:76.41) 
 ❖特定施設    施設数:0.00(全国平均:0.32) 定員数:0.00(全国平均:18.39)

※)介護保険施設:小規模多機能型居宅介護、グループホーム,特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設 など
※) 特 定 施 設:有料老人ホーム、軽費老人ホーム、サ高住 など

6163bf282292a.png