メールでのお問い合わせはこちら 電話受付時間 年中無休 9:00~19:00 0120-89-1165
これから住まいを探すガイドブックを無料進呈 お申込みはこちら

愛知県・名古屋市
高齢者介護施設・老人ホーム紹介センター

採用情報
介護施設の方へ
facebook
電話受付時間:年中無休10:00~18:00 0120-89-1165
メールでお問い合わせ
MENU

施設を探す

検索結果

ライフハウス鶴舞公園

  • 自立
  • 要支援
住宅型有料老人ホーム
費用 入居一時金:18,900,000円〜
月額利用料:160,000円〜
定員142 名
開設年月日2017年12月01日
住所愛知県名古屋市中区千代田4-5-3
アクセスJR中央本線「鶴舞」駅 徒歩10分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

モテット鶴舞公園

  • 自立
  • 要支援
  • 要介護
サービス付き高齢者向け住宅
費用 入居一時金:582,400円〜
月額利用料:226,200円〜
定員89 名
開設年月日2018年04月01日
住所愛知県名古屋市中区千代田2-8-7
アクセスJR中央本線「鶴舞駅」下車 北口(名大病院口)より徒歩8分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

Gran樹NAGOYA

  • 自立
  • 要支援
  • 要介護
サービス付き高齢者向け住宅
費用 入居一時金:184,000円〜
月額利用料:224,000円〜
定員72 名
開設年月日2014年04月14日
住所愛知県名古屋市中区新栄1-27-2
アクセス地下鉄 新栄町徒歩10分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

エイジトピアナゴヤ

  • 自立
  • 要支援
  • 要介護
介護付き有料老人ホーム
費用 入居一時金:300,000円〜
月額利用料:184,700円〜
定員50 名
開設年月日1991年03月01日
住所愛知県名古屋市中区新栄3-7-10
アクセス地下鉄東山線 千種駅徒歩5分、JR中央線 千種駅徒歩8分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

らもーれ栄

  • 自立
  • 要支援
  • 要介護
介護付き有料老人ホーム
費用 入居一時金:1,200,000円〜
月額利用料:226,000円〜
定員30 名
開設年月日2006年09月01日
住所愛知県名古屋市中区栄5-4-20
アクセス地下鉄名城線 矢場町駅 徒歩3分/市バス 矢場町 徒歩3分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

そんぽの家 丸の内

  • 要支援
  • 要介護
介護付き有料老人ホーム
費用 入居一時金:0円〜
月額利用料:191,400円〜
定員33 名
開設年月日2005年11月01日
住所愛知県名古屋市中区丸の内1-14-25
アクセス地下鉄鶴舞線・桜通線 丸の内駅徒歩5分/地下鉄桜通線 国際センター駅徒歩5分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

グラード栄東

  • 自立
  • 要支援
  • 要介護
住宅型有料老人ホーム
費用 入居一時金:660,000円〜
月額利用料:260,000円〜
定員60 名
開設年月日2013年11月01日
住所愛知県名古屋市中区栄5-4-12
アクセス地下鉄名城線 矢場町駅徒歩8分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

プレステージ久屋大通

  • 要支援
  • 要介護
サービス付き高齢者向け住宅
費用 入居一時金:264,000円〜
月額利用料:198,000円〜
定員42 名
開設年月日2014年05月31日
住所愛知県名古屋市中区栄5-1-20
アクセス地下鉄名城線 矢場町駅徒歩3分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

金山ケアコミュニティそよ風

  • 要支援
  • 要介護
介護付き有料老人ホーム
費用 入居一時金:500,000円〜
月額利用料:206,500円〜
定員63 名
開設年月日2012年07月01日
住所愛知県名古屋市中区古渡町17-7
アクセスJR東海本線・名鉄名古屋本線・地下鉄名城線 金山駅徒歩10分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

ライフ&シニアハウス千種

  • 自立
  • 要支援
  • 要介護
住宅型有料老人ホーム
費用 入居一時金:1,429,000円〜
月額利用料:180,330円〜
定員141 名
開設年月日2004年11月19日
住所愛知県名古屋市中区新栄三丁目20番地28号
アクセス地下鉄東山線・JR中央線 千種駅徒歩2分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

全32件中1件〜10件目を表示しています

名古屋市中区の特徴

【中区の概況】

 中区は、明治41年の4区制実施のときに誕生した区の中の一つです。いわゆる“清洲越し”による城下町のほとんどは中区内にあります。城と碁盤割を中心に発達した名古屋400年の歴史は、同時に中区の歴史ということもできます。
 “尾張名古屋は城でもつ”とうたわれた名古屋城は、区の北境にあり名古屋のシンボルとして全国的に有名な観光スポットです。金鯱を頂く天守閣とあいまって近世武家文化を体感できる屈指の名城として再生するため、本丸御殿の復元が進められ、平成30年に公開が始まる予定です。
 この名古屋城を取り囲むように名古屋市役所や愛知県庁等の官公庁施設が集中する官庁街が形成され、さらにオフィス街が市の中心まで広がっています。
 その他、中区には「栄地区」「大須観音周辺」「金山地区」と特徴を持った地域があります。
 栄地区は、市内を代表する大規模な百貨店や複合ショッピングビルなど数多くの商業施設が集中するエリア。休日にはショッピングを楽しむ人々で大変な賑わいとなります。
 大須観音周辺は、中区の南部に位置し、昔ながらの風情を残しつつ若者の文化や娯楽の発信地として、時代とともに様々な変化を見せる個性的なエリアです。
 もうひとつ中区の特徴として挙げられるのは、世帯の約7割が単独世帯であることや昼夜人口差が大きく社会異動が多いことです。また、外国人人口が多いといったことから、「顔見知り」の関係を築きにくく、地域関係が希薄化している側面があることも特徴のひとつと言えます。


【中区の魅力:大相撲名古屋場所】

〔大相撲名古屋場所〕
 名古屋市で開催される主要なイベントの多くが中区で開催されていますが、特に高齢者に人気のイベントは何と言っても、大相撲名古屋場所(7月場所)ではないでしょうか。毎年7月には、愛知県体育館に多くの方が県内外より訪れます。会場近くでは、浴衣姿の力士に出会うことも少なからずあります。

【中区の魅力:にっぽんど真ん中祭り】

〔にっぽんど真ん中祭り(通称:どまつり)〕
 日本のど真ん中、真夏の名古屋を舞台に繰り広げる日本最大級の踊りの祭典。国内外から集結する約200チーム23,000人が地域色豊かな踊りを披露する、誰でも参加できる市民参加型の新しいスタイルのお祭りです。
 3日間開催され、来場者数は約200万人。それぞれのチームが情緒ある地域文化をリズミカルにアレンジした音楽にのせて、華やかな衣装と目を見張る演出で踊ります。踊り手ひとりひとりの素敵な笑顔が見ている人に元気や感動を与えてくれます。
真夏の名古屋。「日本のど真ん中で踊ろう!」

【高齢者向けの施策】

 中区は高齢者向けの施策として、『ともに笑顔で生きる地域づくり』を基本理念に、隣に住んでいる人の顔が分かる関係づくりと、地域の“おたすけさん”が気軽に集まれる活動拠点を整備することで、高齢者にとって住みやすい街づくりを進めています。
 ◇おたすけさんとは
 〇実際に地域の福祉活動を行う人
 〇地域のちょっとした困りごとを“聞いてくれる”お隣さん
 〇困りごとを解決してくれるところへ“つなぐ”お隣さん
 〇「地域のことが気になる」、「地域を良くするために少しでもできることをしたい」という気持ちの方

 中区がこの活動を主導することで、日本の古き良き文化である“地域の繋がり”がもう一度見直されています。また、困った人が発信しやすく、それを受けとめる人がいる地域、社会的弱者のSOSが届くようなまちづくりは、地域の福祉ニーズを把握することにもつながります。老若男女、国籍を問わず、住人の一人ひとりが隣の人を意識して生活をすることが、独居の高齢者にとっても大きな精神的支えとなっています。
〔介護施設・老人ホームの状況〕
 中区の介護施設・老人ホームは、絶対数は少ないものの、交通の便が良いことがその特徴として挙げられます。交通の便が良いということは、ご家族やご友人が施設へ通いやすいということです。例えば「買い物をしてからおばあちゃんに会いにいこう」、「コンサートの前におじいちゃんに会いに行こう」といったことも可能です。外出が可能な方であれば、入居中の介護施設や老人ホームから外出し、セントラルパークでお散歩や商業施設に立ち寄ることも可能ではないでしょうか。

ページトップ