メールでのお問い合わせはこちら 電話受付時間 年中無休 9:00~19:00 0120-89-1165
これから住まいを探すガイドブックを無料進呈 お申込みはこちら

愛知県・名古屋市
高齢者介護施設・老人ホーム紹介センター

採用情報
介護施設の方へ
facebook
電話受付時間:年中無休10:00~18:00 0120-89-1165
メールでお問い合わせ
MENU

施設を探す

検索結果

とくがわの憩

  • 要支援2
  • 要介護
グループホーム
費用 入居一時金:0円〜
月額利用料:134,000円〜
定員18 名
開設年月日2015年03月01日
住所愛知県名古屋市東区大松町4-6
アクセス市バス「徳川園新出来」より徒歩約5分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

モーニングパーク主税町

介護付き有料老人ホーム
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
定員82 名
住所愛知県名古屋市東区主税町4-23
アクセス地下鉄瀬戸瀬 尼ケ坂駅徒歩10分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

のぞみの家 東桜

住宅型有料老人ホーム
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
住所愛知県名古屋市東区東桜二丁目4-5
アクセス
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

レジデンシャルケア徳川町

グループホーム
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
定員18 名
開設年月日2005年04月16日
住所愛知県名古屋市東区徳川町2714
アクセスJR大曽根駅南出口より南へ徒歩8分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

老人保健施設康陽

その他の介護施設
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
住所愛知県名古屋市東区代官町3番2号
アクセス
お問い合わせはこちらから
052-932-1686
詳細はこちら

グループホームちから館とくがわ

グループホーム
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
住所愛知県名古屋市東区相生町16番地1
アクセス
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

グループホーム とくがわの憩

グループホーム
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
住所愛知県名古屋市東区大松町4番6号
アクセス
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

きずなの里 ひがし

グループホーム
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
住所愛知県名古屋市東区東外堀町36番地1
アクセス
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

ナーシングホームOASIS

サービス付き高齢者向け住宅
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
住所愛知県名古屋市東区山口町2-18
アクセス
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

あんしんせいかつ葵

住宅型有料老人ホーム
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
住所愛知県名古屋市東区葵三丁目14-3
アクセス
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

全13件中1件〜10件目を表示しています

名古屋市東区の特徴

【東区の概況】

 名古屋市東区は、区制施行時からある区のひとつで、名古屋市内で面積が最も小さい区です。中区と並び名古屋の都心を構成する行政区で、長年ドーナツ化現象によって人口が減少していましたが、近年になって大曽根駅周辺の再開発やマンションの建設ラッシュなどで再び人口が増え始め、特に矢田川に沿った地域は高層住宅が立ち並びます。
 人口密度は名古屋市16区の中で1位。主要幹線道路(桜通り・国道41号・19号)、地下鉄東山線・名城線・桜通線、JR中央本線、名鉄瀬戸線、基幹バス等の交通機関があり、快適な居住性もその要因のひとつです。
 東区は、藩政時代の武家屋敷を中心として発展してきたことから、伝統ある学校、尾張藩にまつわる旧跡、尾張徳川家の菩提寺である建中寺を始め由緒ある神社・仏閣が多い地域です。その代表的な施設が区の東部にある徳川美術館です。
 区の西南部は錦通り・桜通りを中心に中区の栄地区とともに商業ビジネス地域を形成し、大規模なショッピングゾーンになっています。オアシス21や愛知県芸術劇場などシンボリックな施設も多くあります。
 東部は、明治時代に多数の教育施設が開設され、名古屋初の文教地区となりました。現在でも伝統校が多くあります。
 中央部はおおむね閑静な住宅街ですが、白壁町や主税町、橦木町周辺は、明治以降の近代的な洋風建築が集まり、市の街並み保存地区にも指定されています。大正11建造の旧名古屋高等裁判所庁舎は荘厳な偉容があり、現在は情緒的な香織を漂わせる市政資料館として公開されています。橦木町には「日本の女優第1号」として知られる川上貞奴のお屋敷を、当時の姿に移築復元し「文化のみち双葉館」として公開しています。平成19年には「文化のみち橦木館(旧井元為三郎邸)も加わり、名古屋城から徳川園にいたる「文化のみち」の拠点になっています。
 ◇ 文化のみち:名古屋城から徳川園に至るエリアは、 江戸時代から明治、大正へと続く名古屋の近代化の歩みを伝える 多くの建物などの貴重な歴史的建造物が残されています。名古屋市ではこのエリアを「文化のみち」と名付け、MAPを作成したり、イベントの実施や建築遺産の保存・活用を進めています。主に「東区文化のみちガイドボランティアの会」が、文化のみちのガイドを行なっています。

 その他、名古屋の名所になっている「ナゴヤドーム」では、プロ野球はもとよりさまざまなイベントが開催されています。区内にはガイドウェイバス「ゆとりーとライン」、文化小劇場・図書館・スポーツセンター等の複合施設「カルポート東」もあり、新しい息吹と伝統が調和する活気あるまちづくりが行われています。

【東区の魅力:徳川園】

〔徳川園:徳川美術館〕
 徳川園は、尾張藩の江戸戸山屋敷跡から発掘された庭石や、木曽川流域の山中から産出する巨石をダイナミックに操り、平成の世の大名庭園としてリニューアルされました(平成16年)。園内にある尾張徳川家ゆかりの徳川美術館・逢左文庫と一体で、近世武家文化を世界に誇る歴史拠点として生まれ変わっています。
 また、園内にある「ガーデンレストラン徳川園」は、壮大で滑らかな大池「龍仙湖」を望むフレンチレストラン。隣接するカフェ&バー蘇山荘も認定地域建造物資産になっており、緑豊かな自然の中でひとときを過ごすことができます。

【東区の魅力:天王祭り】

〔筒井町・出来町天王祭り〕
 毎年初夏に行われる「筒井町・出来町天王祭り」。市の民族文化財になっている伝統の山車や祭囃子が町中で繰り広げられ、夜店などが軒を連ねる昔ながらの祭りの風景が受け継がれています。

【高齢者向けの施策】

 敬老手帳を手にした65歳の区民の方が、地域へ一歩踏み出すきっかけづくりを支援しています。東区役所と東区社会福祉協議会が共同でリーフレットも作成。仕事や子育て中心の生活も一段落して、「これからは地域で何かやりたいな」と思った方が、楽しみながらスタートしてもらえるよう、健康づくりや仲間づくり、生涯学習から地域貢献を応援する施設やイベントなどを紹介しています。
〔地域デビューのコツ〕
 まずはゆっくり地域を歩いてみよう。きょういく(今日行く)・きょうよう(今日する用事)を毎日もとう。仲間をつくり楽しみを見つけよう。肩書きやプライドを捨ててとりあえずやってみよう!

ページトップ