メールでのお問い合わせはこちら 電話受付時間 年中無休 9:00~19:00 0120-89-1165
これから住まいを探すガイドブックを無料進呈 お申込みはこちら

愛知県・名古屋市
高齢者介護施設・老人ホーム紹介センター

採用情報
介護施設の方へ
facebook
電話受付時間:年中無休10:00~18:00 0120-89-1165
メールでお問い合わせ
MENU

施設を探す

検索結果

ラ・プラスヒルトップ

  • 自立
  • 要支援
  • 要介護
介護付き有料老人ホーム
費用 入居一時金:570,000円〜
月額利用料:251,600円〜
定員105 名
開設年月日2004年11月01日
住所愛知県名古屋市緑区鳴海町字三高根55
アクセス①名鉄名古屋本線鳴海駅よりタクシーにて約3分 ②名鉄バス「薬師山」より徒歩3分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

メディカルハウス 満

  • 要支援
  • 要介護
住宅型有料老人ホーム
費用 入居一時金:150,000円〜
月額利用料:204,060円〜
定員24 名
開設年月日2012年12月23日
住所愛知県名古屋市緑区有松町大字桶狭間字巻山56-4
アクセス「幕山」バス停下車(徒歩3分)
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

グループホームよろこび

  • 要支援2
  • 要介護
グループホーム
費用 入居一時金:136,000円〜
月額利用料:155,600円〜
定員18 名
住所愛知県名古屋市緑区桶狭間北3-902
アクセス市バス 幕山徒歩3分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

グループホーム虹色

  • 要支援2
  • 要介護
グループホーム
費用 入居一時金:136,000円〜
月額利用料:155,600円〜
定員9 名
開設年月日2009年01月13日
住所愛知県名古屋市緑区桶狭間北3-106
アクセス市営,名鉄バス 葉山バス停から徒歩3分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

シルバーハウスつばめの家 大高

  • 要介護
住宅型有料老人ホーム
費用 入居一時金:140,000円〜
月額利用料:101,670円〜
定員38 名
住所愛知県名古屋市緑区大根山1-1420
アクセスJR 大高駅徒歩10分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

シニアホーム梅里

サービス付き高齢者向け住宅
費用 入居一時金:195,000円〜
月額利用料:150,000円〜
定員20 名
開設年月日2011年11月01日
住所愛知県名古屋市緑区梅里2-64
アクセス市バス 島田住宅バス停 徒歩5分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

しあわせの森 徳重

  • 自立
  • 要介護
住宅型有料老人ホーム
費用 入居一時金:100,440円〜
月額利用料:100,300円〜
定員20 名
開設年月日2012年06月18日
住所愛知県名古屋市緑区鳴海町字神ノ倉3-3195
アクセス地下鉄桜通線 徳重駅徒歩10分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

サニーベイルイン鳴海

  • 自立
  • 要支援
  • 要介護
介護付き有料老人ホーム
費用 入居一時金:240,000円〜
月額利用料:226,342円〜
定員77 名
開設年月日1991年05月01日
住所愛知県名古屋市緑区篭山1-120
アクセス市バス 篭山西徒歩3分 
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

ラ・プラス鶴が沢

  • 自立
  • 要支援
  • 要介護
介護付き有料老人ホーム
費用 入居一時金:510,000円〜
月額利用料:209,200円〜
定員43 名
開設年月日2002年03月01日
住所愛知県名古屋市緑区鶴が沢1-913
アクセス地下鉄桜通線 徳重駅徒歩4分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

ラ・プラス青山

  • 自立
  • 要支援
  • 要介護
介護付き有料老人ホーム
費用 入居一時金:510,000円〜
月額利用料:230,800円〜
定員61 名
開設年月日2003年03月01日
住所愛知県名古屋市緑区青山1-29
アクセス①名鉄鳴海駅徒歩15分 ②JR東海道本線大高駅徒歩15分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

全75件中1件〜10件目を表示しています

名古屋市緑区の特徴

【緑区の概況】

 緑区という区名は、この地域が緑豊かな丘陵地帯で、住宅適地として脚光を浴びていることなどの理由で決定されました。また、鳴海を生涯で4回訪れたことのある松尾芭蕉が、「初秋や海も青田の一みどり」という句を詠み、その句の「一みどり」が緑区の由来になったという話もあります。
 昭和38年に誕生し、翌年には知多郡有松町と大高町を合併して、面積は市内2位の区域を有する区になりました。その後、区画整理事業の進展により住宅地としての開発もめざましく、人口も急速に増加、平成27年7月からは本市で最も人口の多い区になりました。
 交通面では、JR東海道本線と名鉄名古屋本線が区内を貫き、都心部への動脈としての機能を果たしています。JR南大高駅の開業、地下鉄桜通線の徳重延伸、国道302号線と並行する名古屋第二環状自動車が開通など、さらに利便性がUPし、都市基盤の整備も着実に進んでいます。
 都市開発が進む緑区ですが、東海道の宿場町だった鳴海から有松にかけての地区は、市の街並み保存地区の第1号となった古い街並みが現在も残るなど、古い時代の遺跡や史跡など歴史的文化資産にも恵まれています。
特に、松尾芭蕉が何度も訪れた鳴海宿や白壁、格子造りの有松の町並み、若き織田信長が今川義元を打ち破った桶狭間などが有名です。平成28年には、有松の町並みが国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を受け、区を代表する観光スポットになりました。
 伝統産業としては、名古屋を代表する工芸品「しぼり」があります。「しぼり」は鳴海地区と有松地区で興り、国内だけでなく海内にもその名が知られています。「しぼり」の資料を展示した有松・鳴海絞り会館には絶えず観光客が訪れています。
 また、古くから良質な水に恵まれていた大高地区では、酒造業が栄え、現在もいくつかの酒蔵が残っています。大高には特産物「大高菜」があり、小規模ながらも課程債権を中心に栽培されています。香り高く、繊維質が少ないためやわらかで上品な口当たりが特徴です。平成14年には「あいちの伝統野菜」に選定されました。
 緑区は市内で唯一「緑区観光推進協議会」を発足させ、貴重な歴史的資産を発掘、活用し、魅力ある観光地域として発展させることを目的として、官民一体となって広くPRに努めています。

【緑区の魅力:桶狭間古戦場公園】

 戦国時代の重要な転換点として知られる桶狭間の戦い。現在、桶狭間古戦場公園として整備されている一帯は、戦のまさに中心地でした。おけはざま山の本陣から追われた今川義元公。彼が服部小平太と毛利新介の手により敗れた最期の地とされています。合戦から450年目の平成22年に整備され、「近代の曙」と名付けられた信長、義元の銅像も建立されました。往時の現場をひとめ見ようと、全国から歴史愛好家などが多く訪れています。

【緑区の魅力:有松の町並み】

 江戸時代の面影残すまち「有松」。江戸と京都を結んだ旧東海道の池鯉鮒宿(ちりゅうしゅく)と鳴海宿の間の茶屋集落で、絞り染めの産地として栄えました。当時の繁栄と、日本建築の美しさを今に伝える町並みは、200年を経過した貴重な文化財です。その景観は、名古屋市の町並み保存指定第一号として、また全国町並み保存連盟の発祥地としても知られています。服部家住宅と服部家土蔵は愛知県が「有形文化財」に指定し、岡家住宅・小塚家住宅・竹田家住宅は名古屋市が「有形文化財」に指定しています。

【緑区の魅力:大高菜・大高菜パン】

 やわらかいために傷みやすく、流通には向かない大高菜。店頭に並ぶことが稀なことが残念ですが、しかし、栽培は比較的簡単です。緑区では、区役所や支所で種を無料配布したり、栽培方法やレシピを紹介したり、地域の企業と協力して「大高菜パン」を作って販売したりと、さまざまな周知・普及活動をしています。

ページトップ