メールでのお問い合わせはこちら 電話受付時間 年中無休 9:00~19:00 0120-89-1165
これから住まいを探すガイドブックを無料進呈 お申込みはこちら

愛知県・名古屋市
高齢者介護施設・老人ホーム紹介センター

メディア対応・業務提携
採用情報
介護施設の方へ
facebook
電話受付時間:年中無休10:00~18:00 0120-89-1165
メールでお問い合わせ
MENU

施設を探す

愛知県愛西市の介護施設・老人ホーム検索結果一覧

全11件中1件〜10件目を表示しています

ピーターラビットの家

  • 自立
  • 要支援
  • 要介護
住宅型有料老人ホーム
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
定員24 名
開設年月日2008/12/1
住所愛知県愛西市町方町二ツ橋104
アクセス名鉄尾西線「町方」駅より徒歩約20分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

グループホームアリスの家

グループホーム
費用 入居一時金:0円〜
月額利用料:0円〜
定員18 名
開設年月日2004/10/1
住所〒496-8014 愛知県愛西市町方町大山田104番地
アクセス名鉄尾西線「町方駅」より車で3分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

シニアハウスオヅ

住宅型有料老人ホーム
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
定員26 名
開設年月日2014/7/1
住所〒496-8009 愛知県愛西市小津町古堤522番1
アクセス名鉄津島線 勝幡駅から 徒歩10分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

グループホーム悠縁

グループホーム
費用 入居一時金:0円〜
月額利用料:0円〜
定員18 名
開設年月日2005/4/1
住所〒496-0908 愛知県愛西市甘村井町勘十田割21-2
アクセス名鉄日比野駅より徒歩15分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

すまいるシニアホーム

住宅型有料老人ホーム
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
定員14 名
開設年月日2017/4/1
住所〒496-0921 愛知県愛西市大井町七川北61番地
アクセスJR関西本線(名古屋~亀山) 永和駅から徒歩で10分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

シルバーホームひまわり会館

住宅型有料老人ホーム
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
定員65 名
開設年月日2011/7/1
住所〒496-0924 愛知県愛西市善太新田町十割下1-4
アクセス近鉄名古屋線 佐古木駅から徒歩で約7分 JR関西本線(名古屋~亀山) 永和駅から徒歩で約21分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

ガーデンホーム赤目

グループホーム
費用 入居一時金:0円〜
月額利用料:0円〜
定員18 名
開設年月日2012/3/30
住所〒496-8046 愛知県愛西市赤目町山之神80番地
アクセス名鉄尾西線六輪駅から2.5km 名古屋→名鉄津島駅より、タクシーにて約20分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

クレソン

住宅型有料老人ホーム
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
定員22 名
開設年月日2016/2/1
住所〒496-8001 愛知県愛西市勝幡町東町279
アクセス名鉄津島線「勝幡駅」より車で10分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

シルバーマンション キリン愛西

住宅型有料老人ホーム
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
定員69 名
開設年月日2016/3/1
住所〒496-0924 愛知県愛西市善太新田町十一下86-1
アクセス近鉄名古屋線「佐古木」駅より徒歩11分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

ハイジの家

介護付き有料老人ホーム
費用 入居一時金:ー
月額利用料:ー
定員20 名
開設年月日2013/11/1
住所〒496-8014 愛知県愛西市町方町大山田105
アクセス名鉄尾西 線 町方 駅から 徒歩 20 分
お問い合わせはこちらから
詳細はこちら

全11件中1件〜10件目を表示しています

愛西市の特徴

【愛西市の概況】

 愛西市は愛知県の西端に位置し、木曽三川を隔てて岐阜県、三重県と接しています。
 いわゆる平成の大合併で、佐屋、立田、八開、佐織の個性あふれる4地域がひとつになり、愛西市が誕生しました。
 名古屋市の都心部から近距離のため、住宅地として発展している一方、平坦な地形は古くから農業が盛んで、レンコン・イチゴ・トマトなどの特産品を全国に出荷しています。特にレンコンは、水害に強い作物として昔から栽培されており、全国有数の生産規模。「備中」「ロータスホワイト」「金澄」の3種を育て、露地栽培・ハウス栽培を兼ねて、ほぼ1年中出荷されています。道の駅「立田ふれあいの里」では、蓮根砂糖漬やレンコンライスバーガー、レンコンづくしのあいさい弁当など、美容と健康に最適なレンコンメニューが沢山そろっています。
 西部は木曽川と長良川に挟まれた輪中地帯となっており、古くは江戸時代から河川の氾濫に度々悩まされます。明治時代には外国人技師を招いて再度木曽川の改修が行なわれ、支流を埋めたり輪中を削ったりして、現在の地形の基礎が築かれました。現在も水害対策として、水屋・助命壇・上げ舟といった工夫を凝らした生活が見られます。
 アクセス面では、東部を一宮市と弥富市を結ぶ名鉄尾西線と国道155号線が縦断し、交通と物流の主要手段となっています。
 愛西市のユニークな観光名所としては、明治時代に建設された船頭平閘門が挙げられます。 明治時代の河川改修によって木曽川と長良川の分流が行われた際に建設されたもので、パナマ運河にも似ている構造であることから「小パナマ」と呼ばれ親しまれています。 周囲には公園が整備されており、桜の季節にはお花見客で賑わいます。

【愛西市の魅力:観光名所】

〔森川花はす田〕
 初夏の愛西市では、はす田のはすの花があちらこちらで咲き、とてもキレイな風景が広がります。中でも広々とした湿地に広がる森川花はす田は、息を飲むほどの美しさ。夏になると赤やピンク、白といったカラフルな花を咲かせ、可憐な姿を競い合います。道の駅の近くにあり、車で行くのにも便利です。
 毎年7月に開催される「蓮見の会」では、はすの花に囲まれながら、お茶会、特産物の即売、俳句大会など様々なイベントを楽しむことができます。

〔勝幡城跡〕
 織田信長が生誕したとされる地は諸説ありますが、その一つが勝幡城です。信長の祖父・信定が永世年間に築城し、信長の父・信秀が城主となりました。織田家が勢力を伸ばすことが出来たのは、経済力の豊かな津島の商人を抑えていたからだとされています。
 勝幡城の規模は東西205m、南北216m、二重の濠を備えた城であったようです。現在の愛西市勝幡町、稲沢市平和町六輪にまたがる地域が城跡と推定されます。城といっても天守閣を持つ城ではなく、当時の城は館のまわりを堀などで囲ったもので、勝幡城は室町時代の形式の館であったとされます。この地で財力をつけた織田信秀は、今川氏から那古野城を奪い取って拠点を移し、勝幡城は廃城となりました。

【愛西市の高齢者施策】

〔あいさい健康マイレージ〕
 この事業は、健診の受診や健康につながる食事や運動の実践など、健康づくりに取り組むことでポイント(マイレージ)を貯め、一定のポイントを貯めることで特典が受けられるもの。各世代が自分に合った健康づくりを始めるきっかけとして位置づけられています。(誘い合って参加するとプラスポイントになります!)
 ポイントを貯めて「MyCa(まいか)」と交換、愛西市内をはじめ県内の協力店で提示すると、割引サービスや栄養ドリンクプレゼントなど、さまざまな特典が受けられます。

〔愛西のびのびストレッチ〕
 年齢を問わず、無理なく楽しく自然に身体を動かすことを目的に、愛西市の歌「いつの日も」の曲にストレッチ運動を組み合わせました。シンガーソングライター中西圭三さんの歌声に合わせて、立って・座って 全身ストレッチをしましょう。

ページトップ