メールでのお問い合わせはこちら 電話受付時間 年中無休 9:00~19:00 0120-89-1165
これから住まいを探すガイドブックを無料進呈 お申込みはこちら

愛知県・名古屋市
高齢者介護施設・老人ホーム紹介センター

メディア対応・業務提携
採用情報
高齢者介護施設の方へ
facebook
電話受付時間:年中無休10:00~18:00 0120-89-1165
メールでお問い合わせ
TEL

施設の種類と選び方

高齢者介護施設の種類

介護が必要な方には抜群の安心感

介護付き有料老人ホーム

  • 自立

  • 要支援

  • 要介護

 施設のケアマネジャーがケアプランを作成し、介護サービスは施設が一括して提供します。日常的に介護が必要な方にとっては非常に頼りになる施設です。月額利用料に介護サービス利用分が含まれ、金額は介護度によりほぼ一定なので、費用面の安心感も高いです。 › 詳細はこちら

介護付き有料老人ホーム
外部の介護サービスを利用することが出来る

住宅型有料老人ホーム

  • 自立

  • 要支援

  • 要介護

 自宅にいる時と同様に、介護保険サービスは個別に外部の介護サービス事業者と契約して利用するスタイル。施設からデイサービスに通う人もいれば、訪問介護を利用してヘルパーに来てもらう人もいます。ほとんどの施設が介護事業所を併設しているため、初めて介護保険を利用する時もスムーズです。 › 詳細はこちら

住宅型有料老人ホーム
高齢者が安心して暮らすことができるバリアフリーの賃貸住宅

サービス付き高齢者向け住宅

  • 自立

  • 要支援

  • 要介護

 バリアフリー構造で、「見守り(安否確認)サービス」と「生活相談サービス」を備えた賃貸住宅。入居・退去のハードルが低く、賃貸住宅ならではの生活の自由度があります。外観や居室の設備も、高齢者施設というより一般のマンションに近い印象です。
 介護サービスは外部の事業者と契約して利用するスタイルや、多くが食事サービス付きで介護事業所が併設されている点などは、住宅型有料老人ホームと共通しています。 › 詳細はこちら

サービス付き高齢者向け住宅
認知症ケアの切り札。認知症の方の住まいとして第一選択肢

グループホーム

  •  
  • 要支援2

  • 要介護

 認知症と診断された方が入居し、5~9人を1ユニットとして、小規模な共同生活を送る施設です。家庭に近いアットホームな環境で、家事、リハビリ、レクリエーションなどの日常生活を通じた機能訓練によって、認知症の改善と進行の緩和を目指します。 › 詳細はこちら

グループホーム
リハビリで在宅復帰を目指す、病院と自宅との中間施設

介護老人保健施設

  • 要介護

 病状は安定しており入院の必要はないが自宅での生活に戻るのは困難な人などが、在宅生活に復帰するためのリハビリを行う施設です。入居期間は原則3ヶ月ですが、必要に応じて継続も可能なため特別養護老人ホームの待機などの目的で長期間入居する人もいます。 › 詳細はこちら

介護老人保健施設
常に介護が必要で、在宅生活が困難な人が入所できる公共型施設

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

  • 要介護

 常時介護を必要とする身体または精神上の障害があり、在宅での介護が困難になった要介護3以上の人が入所できる公共型の介護施設です。民間型の有料老人ホームなどに比べて費用が安く、入所期間に制限もないため非常に人気があります。 › 詳細はこちら

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
医療と介護の両面からサービスが受けられる、介護保険適用の医療施設

介護医療院

  • 要介護

 長期的に医療と介護を必要とする人のための施設です。在宅療養が可能であるにかかわらず、家庭の事情で介護病床を利用する「社会的入院」が問題となった介護療養型医療施設(療養病床)の廃止に伴い、これに替わる医療と介護の連携施設として2018年より新設されました。 › 詳細はこちら

介護医療院
低額な料金で日常生活のサポートが受けられる公共型施設

ケアハウス(一般型)

  • 自立

  • 要支援

  • 要介護

 経済状況や家庭環境を理由に家族からの介護を受けることが困難で、独居生活に不安がある自立した人向けの施設です。一般型のケアハウスの場合、外部事業者と契約することで介護サービスを利用することはできますが、自立状態でないと判断された場合には退去を求められることがあります。 › 詳細はこちら

ケアハウス(一般型)
施設スタッフによる介護サービスを受けることができる、低額の公共型施設

ケアハウス(介護型)

  • 要介護

 経済状況や家庭環境を理由に家族からの介護を受けることが困難で、独居生活に不安がある要介護状態の人向けの施設です。介護型のケアハウスは、食事提供や清掃などの生活支援サービスに加えて、入浴やトイレの介助など、介護を施設サービスとして受けることができ、介護度が上がっても住み続けることができます。 › 詳細はこちら

ケアハウス(介護型)
環境や経済的な理由で家庭での生活が困難な人のための施設

養護老人ホーム

  • 自立

 介護保険サービスの施設ではなく、身体的、精神的、経済的、環境的な理由で在宅生活ができない高齢者が入所する施設です。対象となる人は市区町村が必要性を判断し、「契約」ではなく「入居許可(措置)」を得て入所が決定します。社会復帰のための支援を目的としており、セーフティネットの役割を果たしています。 › 詳細はこちら

養護老人ホーム
一時的に介護が受けられなくなった人向けの短期間入所施設

ショートステイ

  • 要支援

  • 要介護

 在宅で生活している人が、介護する人の体調不良や用事で家を空けるといった理由から、一時的に介護が受けられなくなった場合などに利用できる宿泊型の介護サービスです。ショートステイには、一般的な生活介護を受ける「短期入所生活介護」と介護老人保健施設などでリハビリや一部の医療サービスを受けながら生活介護を受ける「短期入所療養介護」があります。 › 詳細はこちら

ショートステイ

料金形態・月額利用料のめやす

入居する施設に支払う主な費用は、入居時に支払う「入居一時金」と、毎月支払う「月額利用料」です。
› 詳細はこちら

料金形態・月額利用料のめやす

ページトップ